皇室

眞子さまの就職先のNYのギャラリーはどこ?給料や年収はいくらなのか調査!

結婚が予定さている秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんですが、結婚後には小室圭さんの就職先のニューヨークに眞子さまも一緒に行かれる事がわかっています。

眞子さまですが、ニューヨークに渡った後はどのような生活を送られるのか注目されていましたが、ニューヨークでの就職先が決まっているとの報道があり、眞子さまの就職先が気になります。

そこで今回は眞子さまのニューヨークのギャラリーはどこなのか調べてみました。

給料や待遇についても調べていきますね。

眞子さまの就職先のNYのギャラリーはどこ?

眞子さまの就職先ですが、現在のところ公開されていません。

ではなぜ、眞子さまがニューヨークのギャラリーに就職するという情報が流れたのかというと、米紙ニューヨーク・ポストの芸能サイト「ページ・シックス」が眞子さまと小室圭さんの特集を掲載したのがきっかけです。

その記事の中で、眞子さまにすでに新たな仕事を紹介する準備を進めていると報道されたのです。

更にページシックスでは

・アンドルー英王子の次女・ユージェニー王女が2013年、NYで2年間生活した際にオンラインオークションハウス「パドル8」に勤務。

・ロンドン帰国後は現代美術ギャラリー「ハウザー&ワース」に就職

というように王室とギャラリーのつながりの深さが語られています。

また眞子さまは国際基督教大学卒業後、米レスター大大学院に留学され、博物館学を研究し、2016年1月に博士号を取得されています。

そして東京大学総合研究博物館の特任研究員に就任し、東京・丸の内の博物館「インターメディアテク」での勤務もされていました。

このようにキャリアをお持ちなので、NYでもギャラリーで勤務するという事は十分に考えられますね。

眞子さまの就職先のNYのギャラリー給料や年収はいくら?

眞子さまがNYのギャラリーで勤務するとなると、その給料はいくらなのか気になります。

現在のところ眞子さまの給料がいくらなのかという事ははっきりとしていませんが眞子さまが働くと言われているギャラリーというのは美術作品を展示するスペースのことです。

美術館は入場料を取るが作品の販売は行われていませんが、ギャラリーは入場料を取らず作品を販売するところという特徴があります。

販売するにも知識が必要とされますが、眞子さまは様々な資格を持っています。

そういう意味では安定した仕事で高額の給料がもらえると言えますね。

小室圭さんの年収が1800万と言われていますが眞子さまもそれと同じくらい、もしかするともっと高額の年収とも考えられます。

というのも、眞子さまは準備金と言われる1億以上のお金を受け取らず、小室圭さんとの結婚をされると言われています。

今後は警備のお金や、これまでの品位を保つ生活水準を保つために多額のお金が必要です。

それをまかなうために、勤務されると考えられるので、そうなると小室圭さんの年収を上回る事も考えられますね

お二人でそれだけの収入を確保できれば生活に困ることもなさそうですね。

眞子さまの就職先のNYのギャラリーにVIP待遇との声も!

眞子さまのNYでの就職先がギャラリーという報道を受けネットでは様々な声が見られます。

まぁ、働くといってもVIP待遇だろうし、昼の電話当番も何週かに一回ある掃除当番もないでしょうし、ミスっても怒られないんでしょうね。
住む所も就職先も全部準備してもらって。何一つ自分たちでは出来ない。結婚する前にまず自立してほしい
結局のところ、私たち一般庶民とは使えるお金が桁外れに違うのですね。望みさえすれば人生を思うままに舵取り、謳歌できる。羨ましいです。

など、VIP待遇をうらやむ声でいっぱいになっています。

実際眞子さまは特にご自分で何か行動して決めている訳ではなく、すべてが周りのおぜん立てとなっています。

これからの生活では周りを頼らず、ご自分で決めた道を歩まなければなりません。

これから小室圭さんと結婚し、どのような道を歩まれるのか・・・・

新しい生活が始まる眞子さまにはまだまだ注目が集まりますね。