お役立ち

保冷剤で消臭剤ができる?作り方や活用法とアレンジ方法も!

ケーキや生鮮食品を買うと、ついてくる保冷剤。

いつか使うかも……と冷凍庫にしまっているうちに、いつの間にかたくさんたまってしまいますよね。

この保冷剤を有効活用したい!

っということで今回は

保冷剤で消臭剤を作る方法

保冷剤で作った消臭剤の活用方法!

保冷剤で作った消臭剤のアレンジ方法!

について紹介します。

保冷剤で消臭剤を作る方法

どの家庭にあっても嬉しくて困らないもの・・

っという事で今回はたまった保冷剤を使って、手作りの消臭剤を作っていきます。

保冷剤の種類

保冷剤の中には「高吸水性ポリマー」と呼ばれるものが入っています。

ジェル状の高吸水性ポリマーの表面には、たくさんの凸凹があり、この凸凹部分が気になるにおいを吸着してくれるため、消臭剤として使うことができるんです。

また保冷剤には、凍らせてもカチカチにならないタイプのものもあります。

このタイプのものは、エチレングリコールやプロピレングリコールなどを含むことがあり、これらは誤飲すると有毒性があるので注意してください。

準備するもの

【材料】

・保冷剤(カチカチに凍るタイプ)
・器(器はガラス瓶やココット、手持ちのグラスなど、お好きなもの)
・エッセンシャルオイル
・竹串か割箸

手順

1.常温に戻した保冷剤の中身を器に入れる。

ハサミで保冷剤の端を切って、ぷるぷるのジェル状になった中身を画像のように器に入れましょう。

2.エッセンシャルオイルや香水などを入れ、竹串や割箸でかき混ぜる。

エッセンシャルオイルの分量は、小さめの保冷剤2個につき10滴(食用エッセンスの場合は20滴)ほど入れます。

エッセンシャルオイルがなければ、お好きな香水や食用エッセンス(バニラエッセンスなど)も使えます。

3.出来上がり!

このようにとても簡単に消臭剤を作ることが出来ます。

使用期間は、保冷剤の量や香料の量、部屋の広さにもよりますが、大体2週間から3週間です。

また、使い捨て保冷剤の約90%以上は水分となるため、時間が経つにつれて水分がなくなってしまうこともあります。

こまめに保冷剤の減り具合や効果の効き目などを気にしてみましょう。

保冷剤で作った消臭剤の活用方法!

簡単に作れる消臭剤ですが、置く場所によって香りを変えたり工夫が出来ます。

玄関に置くなら

ユーカリ・レモン・ペパーミントのようなさわやかな香りがおすすめです。

トイレに置くなら

レモン・グレープフルーツ・ユーカリのような控えめに香りつつ、さっぱりとした匂いがおすすめです。

保冷剤で作った消臭剤のアレンジ方法!

せっかくお部屋に置くなら、かわいくアレンジしてみたいですね。
ビー玉や、スパンコールや小石等、使えそうな手持ちのもので作ってみましょう。

ビーズを使った消臭剤の作り方

【材料】

保冷剤1つ(中身はジェル状、袋の内寸が45×90mmのもの)

ビンなど口の広い容器

蛍光ペン(水性顔料のもの)

割りばしなど、かき混ぜるもの

1.容器の内側に色を塗る

保冷剤に着色するのが、ペンなら容器の内側を塗っておきましょう。全体に塗ると、しっかり色が付きます。

2.保冷剤を入れ、かき混ぜる

内側に蛍光ペンを塗ったビンへ、保冷剤の中身を入れます。

保冷剤を入れるときは、袋の端をハサミで切って絞り出すと、手が汚れずに済みます。

ビンに保冷剤を入れたら、割りばしでかき混ぜましょう。

ビンの内側に塗った蛍光ペンの色が保冷剤に混ざり、きれいな色に変わっていきます。

3.出来上がり

お好みでビンの中に、ビーズやスパンコールなどを入れて、飾り付けを楽しんでもいいですね。

今回は、手持ちのビーズを入れ、さらにビンの中の保冷剤が簡単にこぼれないように、布をかぶせてリボンで結びました。

通気性を保つために、布の上部に錐で開けた小さな穴が6か所あります。

蛍光ペンで色付けただけでもお洒落になったので驚きましたΣ(゜゜)

ビーズを入れることで更に見栄えがよくなってよかったです。

カラフルさが可愛い置物の作り方

【材料】

・保冷剤(カチカチに凍るタイプ)

・器(ガラス瓶など透明なもの)

・水性絵具(赤、オレンジ、黄、黄緑、青を使用)

・竹串か割箸

・スプーン

1.ビンに少量の高吸水ポリマーを入れ、絵具で色づけする。

ビンに高吸水ポリマーを厚さ1センチほど入れ、スプーンなどで平らにならします。
絵具を竹串の先にとり、少しずつまぜます。まずは赤から

2.2層目をつくる

好みの色がついたら、無色の高吸水性ポリマーをスプーンなどで重ねて入れます。
新しい層も約1センチの厚さになるようにし、前の色の層をつぶさないよう、そっと平らにならしましょう。

次の層には、前の層の同系色を重ねると自然な仕上がりに。
次にオレンジの色を入れていきます。

3.さらに新しい色を重ねていく

同じようにして、さらに色の層を重ねましょう。

赤、オレンジ、黄、黄緑、青の順番で重ねていきます。

4.できあがり!

薄く色づけをすれば、儚げなパステルカラーに、濃い色を使えば、存在感抜群になります。

お好みに合わせて色を調節してみてください。

色を重ねていけば混ざるのではないかと思って気を使いましたが、意外と綺麗に仕上がりました。

絵の具はほんの少しの量でも色づいたので薄い色にしたい方は、竹串の先に少しつける所から始めてみてください^^

気を付ける点

・誤飲を避けるため、作った消臭剤は小さなお子様やペットの手の届かないところへ置く。

・エッセンシャルオイルは日光に当たると変質しやすいので、直射日光の当たらないところに置く。

消臭剤がたくさん溜まってしまった時には、手軽にアレンジしてみるのも楽しいですね(*^^*)