スポーツ選手

後藤希友のwiki風プロフィール!トヨタ自動車所属で年齢は?身長や体重も!

後藤希友選手と言えば、オリンピック女子ソフトボール日本代表での活躍が目覚ましいですね。

そんな後藤希友選手ですが、年齢は何歳なのか、身長や体重などプロフィールが気になります。

そこで今回は後藤希友のwiki風プロフィールを詳しく調べてみました。

所属チームについても詳しく見ていきますね。

後藤希友のwiki風プロフィール!

後藤希友選手のプロフィールを紹介します。

名前:後藤希友(ごとうみう)

生年月日:2001年3月2日

年齢:20歳(2021年7月22日現在)

出身地:愛知県

身長:174㎝

血液型:AB型

投打:左投げ左打ち

出身高校:東海学園高校

趣味:スノーボード・ラーメン、チャーハン店巡り

後藤希友選手のお名前ですが(ごとうみう)とお読みします。

左投げ左打ちのサウスポーの剛速球投手でMax時速113キロをマーク。

日本人左腕ピッチャーでの最速記録もお持ちです。

もう一つ注目されているのは、後藤希友選手のバッティングです。

パワフルなピッチングはもちろんバッティングでの評価も高く、ソフトボール界の二刀流選手としても期待されています。

そんな後藤希友選手の趣味はスノーボードとバスケット、そしてラーメン、チャーハン店巡りなんだとか。

また、幼稚園の時から9年間習っていたピアノも得意で、中学生の時には合唱コンクールの伴奏をした程の腕前なんです。

このように多趣味な後藤希友選手ですが、もともと運動神経もよく、実はソフトボールよりバスケットボールの方が好きだったとも話されています。

またスノーボードも引退したらやりたい事の一つなんだとか。

今までソフトボール一筋にされてきたイメージも強かったので、意外ですね。

後藤希友の所属チームはトヨタ自動車!

後藤希友選手は、ソフトボール強豪校の東海学園高校を卒業後、大学には進学せずトヨタ自動車女子ソフトボール部に所属しました。

トヨタ自動車女子ソフトボール部は愛知県豊田市を拠点とする女子ソフトボールチームです。

後藤希友選手の出身地でもある愛知県のチームですね。

日本ソフトボールリーグ女子1部所属し、獲得タイトルは

  • 日本リーグ10回
  • 全日本総合選手権6回
  • 国体8回

合計24回の優勝を誇ります。

そんな名門チームに所属した後藤希友選手ですが、2020年の日本リーグでは9試合で5勝負けなし。

防御率も日本人トップという好成績を残し、その年の新人賞を受賞されています。

このような活躍が認められてオリンピック日本代表の座を勝ち取りました。

後藤希友選手は

サウスポーであること。

コントロールや投げる変化球の切れがいい事。

高身長から繰り出す投球に勢いがある事。

などが評価されて、オリンピック代表に選ばれましたが、これだけ高い評価を得て、更に期待に答える投球ができるところは本当に素晴らしいですね。

後藤希友の年齢は?

後藤希友選手の生年月日は2001年3月2日で年齢は20歳です。

後藤希友選手のポジションはピッチャーですが、最年長の上野選手の年齢は39歳で、親子ほどに年齢が離れているとても若くフレッシュな選手として注目されています。

ソフトボール女子日本代表でも最年少です。

その最年少の後藤希友選手ですが、とても堂々としたプレーが印象的です。

後藤希友選手には憧れの選手でもあり、目標とする選手が二人います。

その一人は米国代表のモニカ・アボット選手、もう一人は日本代表の上野由岐子選手です。

日米が決勝を戦った2008年の北京五輪では、モニカ・アボット選手と上野由岐子選手が登板し、勝敗を争いました。

現在、モニカ・アボット選手は後藤希友選手が所属しているトヨタ自動車女子ソフトボール部に所属していて、憧れの選手を目の当たりにする事に。

モニカ・アボット選手は、打者一人ひとりとの勝負にこだわる、ヒットを1本も打たれたくないタイプ。

普段の練習の意識も高く、常に試合を想定している姿を間近で見る事ができます。

もう一人の憧れの上野由岐子選手は心に余裕があるタイプで、点数を取られたとしても、味方の援護点以下に抑えたら勝つ。

安打を打たれても、最終的に本塁を踏ませずに、得点を取られなければいい。

という考えを持たれています。

ある意味正反対な性格の二人を間近で見る事で、たくさんの事を吸収するチャンスも多くなっています。

それが、20歳という若さで大舞台に立つ後藤希友選手にはとても役立っていて、プレーにも生かせているんですね。

後藤希友の身長や体重は?

後藤希友選手の身長は174㎝で、体重は70キロです

その高身長から繰り出すパワーのある投球が特徴です。

パワーある投球をするために、高校時代には体作りのために体重を15キロ増量。

球速を110キロまで上げる事に成功し、打球の飛距離も伸ばしました。

好きな食べ物は親子丼やラーメン、チャーハンというように、しっかり食べる事も楽しみの一つだとも話されています。

バッティングでの評価も高く、ソフトボール界の二刀流選手としても期待されている後藤希友選手なので、体作りにも励んでパワーを付けていってほしいですね♪